テクノストラクチャー制震システム テクノダンパー

大きな地震に、大きな自信を。テクノストラクチャー制震システム「テクノダンパー」

近年、大きな地震が繰り返し起こることもあり、地震への不安はつきません。子供がひとりで寝ている時に地震が起こったら…。大きな地震の後にまた地震がきたら…。
地震後の建物や内装、家具や家財はどうなってしまうのかな…。住まいは大切な家族が最も長い時間を過ごす場所。
いつ起こるかわからない地震に備えて、一歩進んだ安全対策に取り組む必要があるといえます。

テクノストラクチャー制震システム「テクノダンパー」

建物の揺れを吸収する「テクノダンパー」

耐震性にすぐれたテクノストラクチャー工法にさらなる安心をプラスするのが制震システム「テクノダンパー」。 建物の骨組みに「テクノダンパー」を組み込むことで、地震時に2・3階の揺れを抑え、家具転倒などの不安をやわらげます。また、「テクノダンパー」は超高層ビルや大規模建築で用いられる制震技術を住宅用に改良。テクノストラクチャーの耐震構造と組み合わせることで一般木造住宅と比べ最大約70%揺れを低減することを確認しました。また、大地震相当の負荷を100回以上繰り返し加えても制震機能を維持。繰り返しの揺れにも対応します。

テクノダンパー

テクノダンパー

テクノストラクチャーの制震システムは、構造体の基本となるテクノビームと柱と土台を上下2つのテクノダンパーでつなぐ構成。地震で地面が揺れると上下のテクノダンパーが引張力と圧縮力を同時に受けて、芯材が伸縮しようとして力を吸収。拘束材が芯材の変形を動きを制御するためテクノダンパーは安定した制震効果を発揮、建物の揺れを低減します。

「耐震等級3+制震システム」でさらに安心

地震による建物の変形量の比較

「耐震」に「制震」をプラスして、上層階の床の  揺れを低減します。

テクノストラクチャーの耐震住宅の強さを、モデルプランに地震の振動を与える解析シミュレーションにより立証しています。基準法レベルの一般木造住宅と、耐震等級3のテクノストラクチャーとの比較では、大地震時の2階床の揺れは53%低減。この構造が強化されたテクノストラクチャーの耐震住宅に、テクノダンパーをプラスすることでそこからさらに40%、耐震等級3と制震を合わせると最大72%の低減効果となります。

ホームホーム 新着情報新着情報 スタッフブログスタッフブログ オープンハウスオープンハウス 分譲地情報分譲地情報 パナソニック耐震住宅工法パナソニック耐震住宅工法

施工例集 会社案内 プライバシーポリシープライバシーポリシー お問い合わせお問い合わせ 本社のご案内本社のご案内

家具付きオープンハウス特別価格販売 テクノダンパー ZEHビルダー
   

Copyright©2006, Hamayagumi, All Rights Reserved